2021年2月24日水曜日

Badbee / House Of Tapes (Interview with House Of Tapes)

House Of Tapes インタビュー】

『ポップかつ内省的なエレクトロニカ』を

飛び越えた先は、激情的に憤り、激昂する反抗心だった!


CDアルバムとして全国発売された『Made in Hope』『Colorful Life』で美麗なエレクトロニカを鳴らし、

実験精神に回帰した『Born To Die』など幅広い音楽性を見せるHouse Of Tapes

彼の最高傑作と呼ばれる叙情的なシングル”Clear Tears”のリリースの次の曲は、憤りと反抗心の塊だった。

NIRVANA ミーツ Nurse With Wound??

現行の商業音楽シーン、現在の政府、現代のコロナ禍

あらゆる憤りと反抗心をぶち込んだ、

新曲 “Badbee”

ギリギリのせめぎ合いです。


https://houseoftapes.bandcamp.com/track/badbee


Q. 叙情的なシングル”Clear Tears”リリース後、なぜ今回は、ブッ壊れてる曲をリリースしたのですか?

A. 前提として、色々なフラストレーションを抱えていて、特に、最近の日本の商業音楽シーンや政府に不満がありました。

そしてたまたま、僕の原点であるNIRVANAをまた聴きなおしていたんです。

なので、僕ならではのパンクさを全開にしたものを作りたいなと。


Q. ”Clear Tears”のような曲の路線でいくかと思っていましたが。

A. 立て続けに同じことしていても、面白くないので。メランコリーな気分の時に、また情緒的な曲は作ると思いますよ。


Q. 先程、NIRVANAの影響でこの曲を作ったと仰っていましたが、具体的にどの辺りを意識されたのですか?

A. ドラムの鳴り方はデイヴ・グロール(NIRVANAのドラマー)を意識しました。あとはノイジーな所とかです。

それと、Nurse with Woundも意識しました。


Q. なるほど。ありがとうございました。

A. ありがとうございました。


Badbee

BANDCAMPで配信中です。

BANDCAMP URL

https://houseoftapes.bandcamp.com/track/badbee



Badbee/ House Of Tapes

2021/2/22リリース

フォーマット:デジタル配信

レーベル:self release

価格:値段を決めてください(無料or投げ銭)



[Interview with House Of Tapes]

 "Pop and introspective electronica"

 The destination I jumped over was a passionately resentful and angry rebellious spirit!

https://houseoftapes.bandcamp.com/track/badbee


 Playing beautiful electronica with "Made in Hope" and "Colorful Life" released nationwide as CD albums

 House Of Tapes shows a wide range of musicality such as "Born To Die" which has returned to the experimental spirit.

 The next song from the release of his lyrical single "Clear Tears", called his masterpiece, was a mass of resentment and rebellion.

 NIRVANA Meets Nurse With Wound ??

 The current commercial music scene, the current government, the modern corona ...

 With all the resentment and rebellion,

 New song “Badbee”

 It's a last-minute battle.


Q. After the release of the lyrical single "Clear Tears", why did you release a broken song this time?

 ↓

 A. As a premise, I had various frustrations, especially the recent Japanese commercial music scene and the government.

 And it happened that I was listening to NIRVANA, which is my starting point, again.

 So, I wanted to make something that was full of punkness that was unique to me.


 Q. I was wondering if I would go on a song line like "Clear Tears".

 ↓

 A. It's not fun to do the same thing in quick succession.  When I feel like melancholy, I think I'll make another emotional song.


 Q. You mentioned earlier that you made this song under the influence of NIRVANA. What were you specifically aware of?

 ↓

 A. The way the drums sound was conscious of Dave Grohl (NIRVANA drummer).  The rest is noisy.

 I was also aware of Nurse with Wound.


 Q. I see.  Thank you very much.

 ↓

 A. Thank you.


"Bad Bee"

   You can download it from BANDCAMP.

    URL of BANDCAMP

   https://houseoftapes.bandcamp.com/track/badbee



"Badbee" / House Of Tapes

 Released on February 22, 2021

 Format: Digital distribution

 Label: self release

 Price: Please decide the price (free or thrown money)



2019年8月9日金曜日

Embers Dreams / House Of Tapes

House Of Tapes is Nagoya, Japan based electronic musician. 
His new single is “Embers Dreams ” including 2tracks. 
Track one “Embers” is deep reverb and like in a forest. 
Track two “Melted Ice” is comfortable rhythm and comfortable space are spreading.
These are real electronic music. 
Please Check it. Thanks. 

https://puresparkrecords.bandcamp.com/album/embers-dreams

All songs, written, recorded and produced by House Of Tapes. 

Mixed by Ippu Mitsui. 
Mastered by A.Fruit. 
Artwork by House Of Tapes. 

House Of Tapes 
SoundCloud: soundcloud.com/house-of-tapes 
Bio: www.puresparkrecords.com/artists/house-of-tapes 

A.Fruit 
Bandcamp: annafruit.bandcamp.com 

(PSR005) 
℗ 2019 Pure Spark Records. コピーライトマーク 2019 Pure Spark Records. All Rights Reserved.


(Japanese Text)

House Of Tapesは、日本の名古屋に拠点を置く電子音楽家です。
彼の新しいシングルは、2トラックを含む「エンバーズドリームズ」です。

トラック1の「エンバー」は深いリバーブで、森のようです。
トラック2の「溶けた氷」は、快適なリズムと快適な空間が広がっています。

これらは本物の電子音楽です。

これをチェックしてください。 ありがとう。

https://puresparkrecords.bandcamp.com/album/embers-dreams

2019年8月8日木曜日

Ippu Mitsui

Mr. Ippu Mitsui is an Electronic Music Producer/Solo Artist based in Tokyo, Japan. 
The owner of Pure Spark Records.
He is good personality. 

His Music Genres include: Electronic Music, Experimental Music. 
It’s so great sounds. 

His released sounds are…

Melting Pot (Single)
Release Date: April 24, 2019.
Primary Artists: Ippu Mitsui & Senji Niban.


Pure Spark (EP)
Release Date: December 12, 2018.

Please check his homepage. Thanks. 
https://www.ippumitsui.com/



(Japanese Text)
Ippu Mitsui氏は、東京に拠点を置くエレクトロニックミュージックプロデューサー/ソロアーティストです。
Pure Spark Recordsの所有者。
彼は人柄が良いです。 

彼の音楽ジャンルには、電子音楽、実験音楽が含まれます。
とても素晴らしい音です。 
彼のリリースされた音は…

Melting Pot (Single)
Release Date: April 24, 2019.
Primary Artists: Ippu Mitsui & Senji Niban.

Pure Spark (EP)
Release Date: December 12, 2018.


彼のホームページをチェックしてください。ありがとう。
https://www.ippumitsui.com

2019年8月7日水曜日

Pure Spark Records

“Pure Spark Records”is a new music label. 
Tokyo based Independent Record Label.
This label owner is “Mr. Ippu Mitsui”.  
It is a special music label.

Released Title (〜August, 2019)
Pure Spark - EP / Ippu Mitsui 

Melting Pot / Ippu Mitsui & Senji Niban

Embers Dreams / House Of Tapes

Homepage 
https://www.puresparkrecords.com


(Japanese Text)
「Pure Spark Records」は新しい音楽レーベルです。 東京に拠点を置く独立系レコードレーベル。
  このレーベルのオーナーは「Ippu Mitsui」さんです。
これは特別な音楽レーベルです。

・リリースタイトル (2019年8月現在)
Pure Spark - EP / Ippu Mitsui 

Melting Pot / Ippu Mitsui & Senji Niban

Embers Dreams / House Of Tapes

ホームページ
https://www.puresparkrecords.com

2019年6月12日水曜日

House of Tapes's new album 'Colorful Life' / Album review by Yuji Koide (HUSH)

House of Tapes

『Colorful Life』PFCD88
¥2200+税
発売元 PROGRESSIVE FOrM

TOWER RECORDS、Amazonなどで取り扱い中。

曲目リスト
1. Easter
2. All The Light
3. Wonder Word
4. Rose
5. Colors Plan
6. Clear Sky
7. Funeral
8. Emerald
9. Glitter
10. Moment
11. All the Light - kondo tomohiro(HUSH) Remix
12. Emerald - nabatea Remix
13. Moment - Super Magic Hats Remix
14. Starlight - AKR-FITW Remix

--------------------------------------------------------------------------
【小出雄司(HUSH)による『Colorful Life』アルバムレビュー】

House Of Tapesがリリース毎に、
注目を浴びる様子を俯瞰で眺めるたびに思う。
リスナーは彼のことをどのようにイメージしているのだろう。
音の波に浮かぶ彼の姿はミステリアスに映る。
あながち間違いではないように思う。
長い付き合いになる彼と会う回数を重ねても変わらないものは、
こちらの表情を窺っているような様子。
胸の内に秘めた熱い想い。
そして、どちらかと言えば寡黙。
簡潔に言えば、僕にとって彼はそういう印象だ。

しかし音楽はそうではない。まったくの逆だ。
窺う様子などなく、当然そこに遠慮も感じられない。
自由。カタルシス。感性の赴くまま。
二度と同じ曲は作れないだろうと感じさせるほどに。
そして、驚くほどに饒舌だ。
彼はHouse Of Tapes名義の音楽を通じて、
もうひとつの人格を形成していると言ってもきっと乱暴ではない。

『Colorful Life』はそんな彼が作る桃源郷。
The Bright Side Of The Moon。
意図的に煌びやかな音色が選ばれていて、
一般リスナーに届きやすくなっている。
「All The Light」「Colors Plan」「Clear Sky」「Emerald」「Glitter」
曲名を並べるだけでも、言いたいことは伝わるのではないかと思う。
そして全曲が3分台に収められていることから、
ポップな側面を打ち出している。
元から彼にその一面はなかった、という訳ではないが、
キャリアを重ねるにつれ、振り切れる幅が大きくなっているのを感じる。
この流れで期待したいのは、HOT流のポップスの金字塔。
つまりは歌モノ。
使用してる機材を変えることなく、
聴かせどころを意図的に歌に移行させた楽曲。
彼はリリース毎に進化をしているし、挑戦も怠らない。
よって誤解を恐れずに言えば、今作も彼にとって進化の途中だ。
それまでにかなりの楽曲を形態問わずリリースしているので、
過去を踏まえながら、今作で今後の音楽性の行く末を想像してみてみるのも面白い。
到達を迎えたら、きっと彼は真逆のアプローチをしてくるに違いない。
反動で歌モノ楽曲を嘲笑するようなカオティックなリミックスを期待したい。
...少し話が『Colorful Life』から離れてしまった。
自分が良いと思うものが一辺倒ではないこと、
コンセプトを立てるかの如く消化して、色を残したまま吐露できること、
それを重ねてキャリアを築いていくのは彼の評価されてほしいところである。

今作の最後には収録曲のリミックスが4曲追加収録されている。
そこに僕のバンドメンバーも参加していることに一応触れておこう。
この場を借りてHouse Of Tapes氏にメッセージを伝えたい。
「いやぁ久野さん、近藤君のリミックスも良いけど、僕とも何かやりましょうよ。
機材持ってきて僕の家で曲作りませんか?なんなら車で迎えに行きますよ。」
文・小出雄司(HUSH)